期限がある定期借地権

定期借地権とは、期限付きで、決まった期間以降更新されない借地権のことです。契約更新や建物を建てたなどの理由があっても、借地期間が到来すれば存続期間の延長はありません。一部を除き、期限が到来すれば、建物を収去して土地を明け渡すことが条件となっている権利なのです。

定期借地権には、三つの種類があります。定期借地権(22条)、事業用定期借地権(23条)、建物譲渡特約付き定期借地権(24条)です。まず、定期借地権は期間が50年以上です。建物の所有者は期間が到来したら建物を取り壊し更地にして地主に土地を返却する義務があります。次に、事業用定期借地権は、借地期間が10年以上20年未満、あるいは30年以上50年未満の二パターンで定めることができます。前者は、郊外のショッピングモールや飲食店など比較的短期間で収益を得る必要のある事業案件で利用されますし、後者は賃貸マンションなど耐用年数が長い施設建築を伴う案件で利用されます。最後に、例外的な権利として定められているのが建物譲渡特約付定期借地権です。これは期間が30年以上で、30年以上経過時に、借地権者から地主に対し、相当の対価で譲渡することを特約するものです。法律上では、書面で契約することを必須義務としてはいませんが、紛争を防止するためにも契約書を結ぶことが一般的です。